FC2ブログ
オンラインゲーム・FFXIのプレイ日記です。
05 // 2019.06 // 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
花火大会
地元で花火大会がありました。
会場は家から自転車で行ける距離、しかもその日はめずらしく涼しかった。
夕方になってから愛車(?)にまたがり出掛けました。
大通りを通り、橋を渡り、川沿いのサイクリングコースを走ります。
もう土手には家族連れや小学生が集まっていて、これからイベントって雰囲気です。

ところが。

あともう少しで打ち上げ会場だ、ってところでがたがたっという鈍い音。
サイクリングコースの道を曲がったあたりでペダルが重いなと思ってたんですが
案の定、後輪のタイヤがぺちゃんこになってました。
さあ困った。
あたりはもう夕闇に包まれています。
サイクリングコースには街灯もなく、会場へ向かう道は車と人の行列。
置いて帰っては家まで自転車で30分とかなりの距離。
花火を見て帰れば、暗い道、一斉に帰る人の波に揉まれながら、重い自転車を押すことになります。
それは迷惑だろうと判断して、会場を目の前に泣く泣く引き返しました。
慣れないことしたから壊れちゃったのかな、自転車。

しばらくして背中からどん、という音と華やかな光。

折角来たんだから、と途中で自転車を止めて遠い土手から見ました。
遠くで鳴る雷のように音があとから飛んできます。
うーん、今年こそは迫力満点の花火になるはずだったのに。
ところが。
土手には赤ちゃんを連れた家族や、近所の人が集まって花火を『見物』してます。
手作りのお漬物を広げながら、自宅から持ってきた蚊取り線香をつけて。
夜風は夏草をさわさわと揺らし、子供の声と蚊取り線香の匂いを運びます。

人生初の『花火を真下から見る』計画は、思わぬ事故で来年に持ち越し。
でも一歩離れた場所から、のんびりと花火を眺めるのも風情があり、素敵でした。
これはこれでありかなぁ。ペダルは重いけど、なんとなく幸せな気分で家路につきました。

【2005.07.24 (Sun)】 リアル // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« バージョンアップ堪能 | BLOG TOP | チョコボdeレーサー »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://kotoha.blog2.fc2.com/tb.php/141-ce22c542
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS




TBP


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
Kotoha(ことは)
  • Kotoha(ことは)
  • キャラクタの紹介

    copyright (C)2002-2012 SQUARE ENIX CO.,LTD.
    All Rights Reserved

    当BLOGに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

    illusted by strolling tarutaru
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 言之葉-コトノハ- All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。