FC2ブログ
オンラインゲーム・FFXIのプレイ日記です。
05 // 2019.06 // 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
自転車
パソコンが置いてある部屋にはクーラーがありません。
梅雨も明け、毎日うだるような暑さ。しかもパソコンは熱を出します。
部屋の中には濃密な熱い空気が充満し、酸欠になりそう。

そんなわけでここ数日はゲームお休み中。
パソコンの前に座ってられないから仕方ないのです。



先々週の花火大会でパンクした自転車を直しに行きました。
行かなきゃ、と思いつつ、暑さで出掛ける気にならなかったのです。
自転車屋さんは家から10分。いかに出無精かがわかります。


自転車屋さんは昔ながらの商店作りで、70歳のおじ(い)さんが一人でやってます。
扉もなく家の中は丸見え。
土間に転がったちいさなネジや部品、木でできた工具箱が歴史を感じさせます。
尋ねた時、ちょうど近所のおばさんと親しげに話しこんでました。
老若男女分け隔てなく気軽に話せるおじさんに会いたくて、ほかにも自転車屋はあるけど、ついこの自転車屋を選んでしまうのです。

「暑いから。扇風機の前座んな」と椅子をすすめてくれました。
そういうおじさんは玉のような汗をこぼしながら
慣れた手つきでするするタイヤを外します。

チューブはタイヤの中でからまった毛糸みたいにちぢれていました。

何度かゴムを貼ったりして直してたけど、タイヤも痛んでてもう限界っぽい。
思い切ってタイヤとチューブの交換をお願いしました。
量販店で1万円もせずに買った自転車だけど、もう4年の付き合い。
捨てるには忍びないし、いまは処理代もかかるし。
そう言うとおじさんは

「直せばまだ乗れるよ、もう50年乗ってる人だっているんだ」

昭和30年以前は自転車一台が2万6千円したそうです。
もちろんこれは今の、でなく、当時の金銭価値。
大変な高級品で、みんな月賦で買ったそうです。
ようやく買った自転車を盗まれた人が会社を辞めたなんて話もあったとか。(幸いにもその自転車は見つかったそうです)
そりゃ50年だろうが乗り続けるよなぁ。4年なんてまだまだ新品でした。
量販店の自転車は安いけど、全部機械で組んでしまうから欠陥も多いそうです。乗ったその日にチェーンが外れる自転車とか。おそろしい。

でもいずれ自転車も使い捨てになるだろう、とおじさんは手を止めず言います。
市内の自転車屋の多くはご高齢で、もう10年もしたら2、3件しか残らないだろうと。
継ぐところがないんだよなぁ、おじさんは残念そうです。
直す人がいなくなれば自転車は乗り捨ての時代になってしまう。

ああ、こういう話を聞くとおなかの底の方がむずむずする。
思わず椅子から立ち上がって「私にやらせてください!」って叫びだしそうになる。
進路に迷ってる人、これからは自転車屋がアツイですぞ!



夕方の涼しい風が地面の熱さを運び切ったころ、修理は終わりました。
しめて4000円なり。
修理代以上に興味深いお話を聞かせてもらいました

さらにラナカ油、という機械油を一びん300円で買いました。
アパートの自転車置き場には屋根がなく、風雨に晒されて錆だらけのマイ自転車。
これを付けて金だわしで磨くと浮いた錆が驚くほど綺麗に取れるそうです。
金だわしはサービス。

なんかあったらまたおいで、と笑うおじさんに見送られながら
リフレッシュした自転車と家路につきました。


家に戻って早速錆落とし。
油びんを開けると、自動車修理をやっていた父の匂いがしました。
車輪に油を落としてたわしでこすると、面白いくらい錆が油と一緒に取れていく。
おじさんに言われたとおり、グリースが注してある部分は避けてごしごし。
いちばんガンコな錆と細かい場所以外は、見違えるほどぴかぴかになりました。
でも指は油で真っ黒。しかもこれが落ちなくて、爪の脇はいまだに黒いままです。



女神さまの話に

「きちんと手入れしてあげればバイクは応えてくれるものよ」

ってくだりがありました。
バイクは走るための道具だけど、それだけに持ち主次第でどうにでもなる。
車もバイクも持ってない自分には、自転車は大事な足。
そしてもちろんそれだけじゃない。


もう買い換えなんて考えないから、来年の花火大会へはパンクせず連れてってな。
【2005.08.02 (Tue)】 リアル // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
« 高台からこんにちは | BLOG TOP | ふたつの道をゆく »
この記事に対するコメント
こんにちは!ハジメマシテです。
芝で黒タル修行をしているリーンというものデシ。
いつの頃からかロムってましたが、初めて書き込みしてみました~。ここ2~3ヶ月はリアル都合で
なかなかログイン出来ず、コトハさんのブログで楽しい
思いを勝手に味あわせてもらったりw
自転車のお話し、うちのオジイチャンを思い出して少し涙ぐんだり^^;
↑思わず書き込んだ理由だったりw
これからもブログ楽しみにしています!では~ノシ
【2005/08/04 ()】 URL // Lean #x9c5GV3o [ 編集 ]
>Leanさん
はじめまして、こんな地の果てのブログにお越しくださってアリガトウございます。
身内しか読んで無いと思ってました(笑)

自転車屋さんは老練、というか、味があって大好きです。昨日も行ってきました。

派手さに欠ける日常ですが、楽しんでいただいて【喜び】
また遊びに来てやってくださいませ。
【2005/08/05 ()】 URL // ことはち #- [ 編集 ]
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://kotoha.blog2.fc2.com/tb.php/142-a3c765c2
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS




TBP


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
Kotoha(ことは)
  • Kotoha(ことは)
  • キャラクタの紹介

    copyright (C)2002-2012 SQUARE ENIX CO.,LTD.
    All Rights Reserved

    当BLOGに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

    illusted by strolling tarutaru
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 言之葉-コトノハ- All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。