FC2ブログ
オンラインゲーム・FFXIのプレイ日記です。
05 // 2019.06 // 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.-- (--)】 スポンサー広告
それはせんせい~
デジョンIIを取りにフェ・インへ。
氷河で鼻の院ご一行からだいじなものを受け取り、フェ・イン地下でイベント。
ウィンへ戻りシャントット博士からデジョンII(σ ̄ー ̄)σ

相変わらずの高飛車さに思わず/kneel
Kot050405.jpg


その際のシャントット博士の台詞より抜粋。


Shantotto : ルクススはお元気でした?
 あの子はオバケは怖いくせに、あんなところで
 何ヶ月も……。よくも寝泊りできるものですわ。

Shantotto : まぁ、あの子は
 恩師イルクイルのかたきをうちたい
 一心なのでしょうけれど……。



この台詞が妙に気になってFF11の世界設定を語ろうを調べてみる。




ルクススの恩師イルクイル(故人)。
イルクイル院長は30年前の北地調査隊に参加(魔晶石ミッションのアレ)
その調査隊から帰還後、北の地に舞い戻り調査を続けたらしい。
その調査と言うのが『タルタルのルーツ』


ウィンからゲームをはじめた人にはおなじみの

「はるか昔、飢えと寒さに彷徨える民は
 まばゆい星に導かれてこの地に至った……」

の伝説。
イルクイル院長は、タルタルは北地生まれだったと考え、調査を開始。
でもそれはあまりに突飛な研究。
結局鼻の院を破門になってしまったらしい。


タルタルのルーツなんて超知りたいですが!(゜Д゜)


その後南方で、研究員曰く『理不尽な死に方』をしたイルクイル院長。
理不尽な…そんな話の出てくるイベントがあるんかな?黒AFとか?




破門され、不慮の死を遂げた恩師。
彼の説が間違っていなかったことを証明し、着せられた汚名を晴らすため
寒いわ寂しいわオバケは出るわ2S1O職場のフェ・インで頑張るルクススたん。


そんなことはもちろんすっかり忘れていて、話し掛けた時は
「人がこんな遠くまで来たのになにそのそっけない態度は!生意気な!ヽ(`Д´)ノ」
と思ったけど、実はお世話になった恩師のため
苦手なオバケ(ポイント)が出るにもかかわらず、物言わぬゴーレム相手に
一生懸命頑張る良い子ちゃんでした(*´Д`*)
好きなNPC上位ランク入賞。


ちなみに、一番好きなNPCはサンドリア木工ギルドの
ドジっ子ラミュアたん&エル兄。

エル兄には早く素直になって欲しいものです。(そんな話は無い)




*Kotoha*
白66黒39吟37ナ29シ27モ27召24忍23狩21戦18赤16侍13獣7竜5暗1
調理61錬金56裁縫52釣り51木工37革工32骨工30彫金22鍛冶20
片手棍202両手棍159
【2005.04.06 (Wed)】 FFXI クエスト // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
« 近況報告 | BLOG TOP | 春のお化け大会 »
この記事に対するコメント
この記事にコメントを書く











管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://kotoha.blog2.fc2.com/tb.php/76-72b8f37b
CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS




TBP


SEARCH THIS SITE
MY PROFILE
Kotoha(ことは)
  • Kotoha(ことは)
  • キャラクタの紹介

    copyright (C)2002-2012 SQUARE ENIX CO.,LTD.
    All Rights Reserved

    当BLOGに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。

    illusted by strolling tarutaru
Powerd by FC2ブログ
Material by A Trial Product's
Template by chocolat*
Copyright © 2005 言之葉-コトノハ- All Rights Reserved. 【 / 】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。